4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

事業紹介

防災・安全に貢献するインフラ構造物

防災・安全に貢献するインフラ構造物 IMG

防災インフラをご提供することで、社会の安心・安全を支えます

地震、津波、高潮などの厳しい環境に晒される我が国において防災インフラの整備は必要不可欠です。鋼構造の特徴を活かした桟橋、防波堤等の様々な防災インフラの設計・製作・施工を通して社会の安心・安全を支えます。

ハイブリッドケーソン<br>コンクリート造と比べ長大化でき、工期縮減が可能です。

ハイブリッドケーソン
コンクリート造と比べ長大化でき、工期縮減が可能です。

ケーソンの海上曳航状況

ケーソンの海上曳航状況

浮体式構造物<br>メガフロート、防災フロートの実績を生かして、新たな防災基地、津波に強い港づくりに貢献します。

浮体式構造物
メガフロート、防災フロートの実績を生かして、新たな防災基地、津波に強い港づくりに貢献します。

実績例

商品・技術1<br>ジャケット式桟橋

商品・技術1
ジャケット式桟橋

写真:ジャケットによる既存杭の補強状況

高波浪海域で鍛えられた信頼性の高い鋼管トラス構造を用途に合わせて応用しています。

用途:
仮設桟橋
現地海上作業が少なく、建設撤去が急速にできます。
桟橋改修
既存の鋼管杭を活かして被災桟橋を更新します。
人工地盤
津波・高潮用非難場所等多機能施設の建設に適しています。
防災基地
水流に強いジャケット構造の特徴を活かして人命を守ります。
観測施設
海象気象観測施設に適しています。
商品・技術2<br>ジャケット式防波堤

商品・技術2
ジャケット式防波堤

写真:ジャケット式防波堤の工場出荷状況

マウンドが不要で、多様な海底地形に直接鋼管杭で固定できるため現地海上工期の短縮が可能です。

商品・技術3<br>直立浮上式防波堤

商品・技術3
直立浮上式防波堤

写真:直立浮上式防波堤イメージ

常時は海底に設置した下部鋼管の中に直径の小さい上部鋼管を格納し、高波・津波襲来時に上部鋼管を浮上させる可動式防波堤です。

※直立浮上式防波堤は(独)港湾空港技術研究所と民間4社の共同開発です。

特徴:
1. 浮上時間が短い
2. 船舶航行に支障が無い
3. 海水の流れを阻害しない
4. 海底地盤中に格納されているため腐食・劣化が極めて少なく、地震にも強い

お問い合わせ

このページに表示されている情報に関するお問い合わせは、フォームよりご連絡下さい。

お問い合わせフォームへ

go to TOP