4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

事業紹介

NS-タンディッシュプラズマ加熱装置

NS-タンディッシュプラズマ加熱装置 IMG

天津栄程総合鋼鉄有限公司 / No.3BL-CC,TPH

CCにおける鋳造温度一定化により、安定した品質改善、生産性向上、製鋼工場全体の省エネを実現します

近年の鋳片品質向上、生産性向上ニーズの増大に対し、当社は世界で唯一のタンディッシュプラズマ加熱技術(NS-TPH)の提供により、お客様の課題を解決します。NS-TPHは、タンディッシュ上方から挿入されるプラズマトーチと、タンディッシュ内の溶鋼との間にプラズマアークを発生させることで、溶鋼を加熱することができます。

これにより、連続鋳造機における溶鋼温度を一定に維持し、凝固状態の安定化、ひいては鋳片品質の安定化を実現します。また、自在に溶鋼温度を制御することで介在物系欠陥を低減すると共に、安定した低温鋳造により中心偏析を低減し、鋳片品質を改善します。さらには、連続鋳造機の上工程温度を下げることで、連続鋳造速度を従来に比べ増大させ、少ない投資効果で生産性の大幅な改善を実現します。

1990年代から当社によって実用化されたこの技術は、日本製鉄内はもとより、日本国内の特殊鋼メーカー様より高い評価を得ています。さらに近年では、特殊鋼品質改善ニーズの高まりを見せる中国においても導入実績を有しています。

特徴

  • 高温のプラズマによる溶鋼加熱
  • 溶鋼汚染なし
  • 出力制御の容易さ
  • 既設CCへの改造導入の容易さ

効果

  • 溶鋼温度一定化による品質改善(介在物、中心偏析)
  • 出湯温度低下、低温防止による生産性向上
  • 出湯温度低下による製鋼工場のランニングコスト低減

導入メリット
約150円/ton(メリット:約200円/ton、ランニングコスト:約50円/ton)

※「NS-」はNIPPON STEEL ENGINEERING CO., LTD.の略称です。

TPHシステム構成

TPHシステム構成

実績例

青島特殊鋼有限公司 / No3BL-CC,TPH

青島特殊鋼有限公司 / No3BL-CC,TPH

国名:
中国
客先名:
青島特殊鋼有限公司
時期:
2015年
設備仕様:
No.3CC…鋳片サイズ180mm×240mm、6ストランドBL-CC
天津栄程総合鋼鉄集団有限公司 / No3BL-CC,TPH

天津栄程総合鋼鉄集団有限公司 / No3BL-CC,TPH

国名:
中国
客先名:
天津栄程総合鋼鉄集団有限公司
時期:
2015年
設備仕様:
No.3CC…鋳片サイズφ300等mm、6ストランドBL-CC、②No.5CC…鋳片サイズφ300等mm、6ストランドBL-CC
寿スチール株式会社 / BL-CC,TPH

寿スチール株式会社 / BL-CC,TPH

国名:
日本
客先名:
寿スチール株式会社
時期:
2006年
設備仕様:
鋳片サイズ300mm×400mm、1ストランドBL-CC

ダウンロード

関連リンク

お問い合わせ

このページに表示されている情報に関するお問い合わせは、フォームよりご連絡下さい。

お問い合わせフォームへ

go to TOP