4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

事業紹介

スラブ連続鋳造機(SL-CC)

スラブ連続鋳造機(SL-CC) IMG

中山製鋼所 / No.2SL-CC

高品質で安定した鋳造を可能にします

近年の自動車業界、造船業界における薄板・厚板への無欠陥化・高強度化の要望の高まりにより、スラブへの品質要求はますます厳格化が進んでいます。当社は高品質なスラブを製造する数々の技術開発における豊富な実績を基に、世界最高レベルの高品質・安定鋳造を可能にするSL-CCを提供します。

当社の高品質化技術

  • NS-Tundish Plasma Heater(TPH)による介在物、中心偏析改善
  • NS- Mold Electro Magnetic Stirrer (M-EMS)による内部割れ、ピンホール、介在物、中心偏析改善
  • NS-Variable Width Mold (VWM)の高速幅可変での生産性向上
  • NS-Level Magnetic Field (LMF)による介在物低減
  • NS- Strand Electro Magnetic Stirrer(S-EMS)による中心偏析の改善
  • NS-Soft Reduction (SR)の高剛性軽圧下による中心偏析低減

※「NS-」はNIPPON STEEL ENGINEERING CO., LTD.の略称です。

当社のSL-CC高品質化技術

当社のSL-CC高品質化技術

NS-M-EMS

NS-M-EMS

NS幅可変モールド

NS幅可変モールド

NSタンディッシュプラズマ加熱装置

NSタンディッシュプラズマ加熱装置

実績例

国名:
日本
客先名:
株式会社 中山製鋼所
時期:
2007年
設備仕様:
No.2 SL-CC 最大鋳片サイズ230mm×1350mm 1ストランド
国名:
日本
客先名:
新日鉄住金(株) 君津製鉄所
時期:
2006年
設備仕様:
No.6 SL-CC 最大鋳片サイズ300mm×2200mm 1ストランドSL-CC
国名:
日本
客先名:
中部鋼鈑
時期:
2003年
設備仕様:
SL-CC 最大鋳片サイズ300mm×1540mm 1ストランド

ダウンロード

お問い合わせ

このページに表示されている情報に関するお問い合わせは、フォームよりご連絡下さい。

お問い合わせフォームへ

go to TOP