4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

事業紹介

コークス乾式消火設備(CDQ)

コークス乾式消火設備(CDQ) IMG

日本製鉄 / 名古屋製鉄所 / No.5 コークス炉 / CDQ

赤熱コークスを不活性ガスで冷却し、熱エネルギーを回収する設備です。省エネで環境に優しく、世界中の製鉄所に普及しています

コークス炉から持ち出される約1000℃の赤熱コークスを不活性ガスで冷却し、排熱回収ボイラーで生み出された蒸気を用いて電力を発生させる設備です。蒸気発生の熱源は赤熱コークスの顕熱を熱交換で回収することによって得られるので、CDQから発生する電力は環境にやさしくクリーンなエネルギーとなっています。加えて、従来の湿式消火のシステムと比較して、発塵量の減少やコークス品質の改善などをもたらします。

世界最大の280t/hの処理能力を持つCDQの開発に成功した当社は、56t/hから280t/hまでの中から顧客にとって最適な処理量のCDQを提供できる、世界で唯一のサプライヤーです。

1976年に八幡製鉄所(新日本製鉄株式会社:当時)に1号目のCDQ(処理量:56t/h)を建設して以降、国内のみならず海外にもその技術を展開し、現在では国内・海外合わせて120基以上の納入実績があります。中国とインドのそれぞれに現地拠点、BE3(Beijing JC Energy & Environment Engineering Co., Ltd.)とNSEI(NIPPON STEEL ENGINEERING INDIA PRIVATE LIMITED)を有しており、各地域に根差した事業展開を行っています。

納入実績地図

納入実績地図

実績例

Shougang Jingtang Iron & Steel United Co., LTD / No.1A~B Coke Oven / 260t/h

Shougang Jingtang Iron & Steel United Co., LTD / No.1A~B Coke Oven / 260t/h

国名:
中国
客先名:
首鋼京唐鋼鉄
時期:
2009年
設備仕様:
280 t/h
TATA Steel Limited / Jamshedpur Works / No.5,6,7 CDQ

TATA Steel Limited / Jamshedpur Works / No.5,6,7 CDQ

国名:
インド
客先名:
TATA Steel Limited / Jamshedpur Works
時期:
2011年
設備仕様:
135 t/h
日本製鉄 / 名古屋製鉄所 / No.5 コークス炉 / CDQ

日本製鉄 / 名古屋製鉄所 / No.5 コークス炉 / CDQ

国名:
日本
客先名:
新日鉄住金(株) 名古屋製鉄所
時期:
2013年
設備仕様:
123 t/h

ダウンロード

関連リンク

お問い合わせ

このページに表示されている情報に関するお問い合わせは、フォームよりご連絡下さい。

お問い合わせフォームへ

go to TOP