4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

事業紹介

乾式脱硫脱硝設備

乾式脱硫脱硝設備 IMG

日本製鉄株式会社 名古屋製鐵所

当社の乾式脱硫脱硝設備は、活性炭を用いて排煙中のSOxやNOx、ダスト、ダイオキシンなどを同時に除去することができます。 現在では国内10基、海外3基の納入実績を保有する確立した技術です

  1. 特長
    • 多機能処理、省スペース
      一つの装置で脱硫(SOx除去)・脱硝(NOx除去)・脱じん・脱ダイオキシンを同時に行うことができ、湿式法に比べて設備をコンパクトにできます。更に、他方式より効率的に硫酸ミスト(SO3)等の環境負荷物質も吸着除去できます。
    • 高度処理が可能
      各環境負荷物質の排出濃度を十分に低く抑えることができます。
    • 使用水量が少ない
      排ガス処理に水を使わないため、用水の確保が難しい地域に適しています。
    • 有用な副生品の回収
      排ガス中のSOxから濃硫酸や石膏等の有用な副生品を回収できます。
  2. プロセス
    • 吸着反応塔に充填されている活性炭は、垂直方向(上⇒下)にゆっくりと移動します。移動中に水平方向に流れる排ガスと接触し、SOx等の環境負荷物質を吸着除去します。
    • 環境負荷物質を吸着した活性炭は脱離再生塔にて不活性雰囲気下で加熱され、SOxを放出(脱離)します。SOxは最終的に有用な副生品である硫酸或いは石膏として回収されます。
    • 環境負荷物質を放出(脱離)した活性炭は活性炭粉をふるいわけた後、再び吸着反応塔に送られ再利用されます。
フロー図

フロー図

実績例

国名:
日本
客先名:
新日鉄住金株式会社 大分製鉄所
時期:
2003年稼働
設備仕様:
117万Nm3/h (Max.130万Nm3/h)
国名:
日本
客先名:
株式会社神戸製鋼所 加古川製鉄所
時期:
2009年稼働
設備仕様:
150万Nm3/h
国名:
中国
客先名:
太原鋼鉄(2基)
時期:
(1)2010年稼働、(2)2010年稼働
設備仕様:
(1)144万Nm3/h、(2)202万Nm3/h

お問い合わせ

このページに表示されている情報に関するお問い合わせは、フォームよりご連絡下さい。

お問い合わせフォームへ

go to TOP