4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

企業情報

新日鉄住金エンジニアリング技報 2015年 Vol.6


2015年 Vol.6 表紙

このたび、『新日鉄住金エンジニアリング技報』Vol.6を刊行いたしました。

当社は「社会に貢献し続ける必須の存在」を企業理念に、平成18年の会社設立以来、製鉄プラント、環境ソリューション、エネルギー、海洋構造物、建築・鋼構造、パイプラインなど多岐にわたる事業領域で、社会・都市・産業インフラを支える技術開発や新商品の提供を続けております。

新日鉄住金グループの多彩な技術集団の連携により、先端技術を駆使してエンジニアリング事業のコアとなる技術の開発や社会に貢献できるソリューションの提供に努めております。

これからの時代には、地球規模での環境保全、資源エネルギーの有効利用、安全・安心で効率的な国土形成などに対する、従来のレベルを超えた発想と問題解決能力が求められます。私たちはハードサプライヤーの立場にとどまらず、総合エンジニアリング技術により問題解決のためのトータルソリューションを提案し新たな価値を提供することで、お客様そして社会のニーズに応え続けてまいります。その実現のため「その情熱で、先端へ」というメッセージとともに、既成概念にとらわれることなく、たゆまぬ革新に挑戦し続けていく所存です。

本技報を通じて当社の取り組みの一端をご紹介し、皆様からのご意見・ご要望を頂戴することにより、社会に役立つ技術開発に繋げていきたいと考えておりますので、今後ともご指導・ご支援賜りますようお願い申し上げます。

転載について

『新日鉄住金エンジニアリング技報』 の著作権は当社に帰属しております。『新日鉄エンジニアリング技報』 の一部または全部を転載する場合は、以下の「ご意見ご要望はこちらまで」から転載の許可を申請してください。

許可申請には、
(1) 転載対象(技報の巻号、記事題名と著者名、図番号など)
(2) 利用目的(転載先の書籍名、発行所、発行時期など)
を明記して下さい。

表紙
表紙【PDF 833KB】
目次
1.目次-日本語版【PDF 261KB】
2.巻頭言【PDF 335KB】
技術論文
1.熱媒循環式排熱回収設備に炉頂燃焼メタリックバーナー式熱風炉を組み合わせた熱風炉操業の低コスト・高効率化
 ~高効率BFG 専焼の実現~
【PDF 2.40MB】
2.シャフト炉式ガス化溶融炉におけるバイオマス利用によるCO2削減技術の開発
 ~バイオマスチップ及び汚泥燃料化物の適用事例~
【PDF 3.24MB】
3.浮体式洋上風力発電施設の係留システム開発
 ~海洋向け高張力ケーブルを適用した新たな浮体係留システムの提案~
【PDF 2.28MB】
4.球面すべり支承NS-SSB®の開発
 ~高面圧で周期のばらつきが小さい免震支承~
【PDF 2.68MB】
5.座屈拘束波形鋼板(BRRP)制震ダンパーの開発
 ~橋梁向け制震ストッパーの開発~
【PDF 5.06MB】
6.中圧活管分岐工法用ANHT®Ⅱ型継手の開発【PDF 3.90MB】
7.石炭ガス化技術(ECOPRO®)の開発
 ~高効率石炭熱分解ガス化技術の開発成果~
【PDF 3.26MB】
8.ワイヤレス計装のプラント設備への適用に向けた機能検証
 ~無線通信の安定性・信頼性を評価する~
【PDF 1.98MB】
商品紹介
1.鋼管鋳込み銅ステーブ【PDF 2.34MB】
2.NS blade®/溶融亜鉛めっき用新型ワイピングノズル【PDF 1.36MB】
3.特殊鋼製造に最適なNSタンディシュプラズマ加熱装置【PDF 542KB】
4.下水汚泥固形燃料化システム「ジェイコンビ®」(仮称)北九州市日明汚泥燃料化センター【PDF 1.17MB】
5.オンサイトエネルギー供給システム【PDF 1.02MB】
6.NS エコパイル®・NS エコスパイラル®を用いた盛土斜面安定化対策工法【PDF 1.70MB】
7.門型ラーメン形式角太橋(角形鋼管を用いた上・下部一体橋梁)【PDF 1.27MB】
8.長寿命形水道用鋼管(100年鋼管を目ざして)【PDF 907KB】
9.環境ソリューション事業部の海外展開加速へ
 欧州でトップ集団に入るドイツの環境プラントエンジニアリング会社 Steinmuller Babcock Environment GmbH 社
 (以下、SBE 社)の株式全部を取得。 互いの強みを生かして、事業拡大をめざします。
【PDF 2.17MB】

PDFにてダウンロードしてご覧いただけます

Get ADOBE READER※PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

技報一覧

go to TOP