MENU

サステナビリティ

環境について

環境基本方針

日鉄エンジニアリンググループは、環境保全と事業活動の両立を、社会から信頼される先進的なエンジニアリング企業の経営の根幹であると認識し、以下の方針に従って行動することで、環境に配慮した持続可能な社会の形成に貢献します。

  1. 事業活動のすべての面において、環境関連の法律、条令、協定等を遵守し、環境管理レベルの維持向上に努めます。
  2. 事業活動のすべての面において、環境汚染の防止、廃棄物の発生抑制、省資源・リサイクルの推進、生物多様性への配慮などを通じて地球環境の保全に貢献します。
  3. 環境に関する社会のニーズを常に捉えながら、それを実現するための先進的な技術開発やエンジニアリングを行い、社会に求められるエンジニアリングソリューションの提供に努めます。
  4. 環境に関する教育・啓発活動を推進し、環境保全への意識と知識の向上を図ります。

活動内容

1. マネジメントシステム

各現場・事務所に対する環境監査を定期的に実施し、環境法令遵守状況の確認・是非を行っています。

2. 商品を通じた環境貢献
  • 当社はお客様に納入する環境貢献商品※1を通して、気候変動の原因となるCO2の排出を削減し、持続可能な地球環境の実現に貢献しています。

※1:環境貢献商品/製鉄プロセスにおけるコークス乾式消火設備(CDQ)廃棄物発電設備地熱発電設備コージェネ設備下水汚泥固形燃料化システム(ジェイコンビ®)風力発電設備
※2:グラフの数値は、当社が2019年度までに国内外に建設した環境貢献商品が産出した電力量を国内電力の排出係数等を用い、それぞれの設備特性を踏まえた稼働率を前提とし、試算したCO2削減効果の値

3. オフィス・建設現場における活動
古紙リサイクル活動のポスター

古紙リサイクル活動のポスター

  • 各現場・拠点に対する環境監査を定期的に実施し、環境法令遵守状況の確認・是正を行っています。
  • 北九州技術センターでは、ペーパーレス化の推進や古紙リサイクル活動の強化により2016年度より大幅に一般ごみ排出量を削減しています。(2019年度は対前年度約20%、2016年度から累計約40%削減)
エネルギー使用量※1
(原油換算)
温室効果ガス排出量※1 水の使用量※2 産廃排出量に占める直接最終処分比率※3
2017 1,736kl 3,724トン 22,339m2 4.5%
2018 1,691kl 3,473トン 22,496m2 16.5%
2019 1,572kl 3,172トン 23,363m2 19.5%

※1:対象範囲は、大崎本社、KTC(北九州技術センター)、支社・支店他継続事業所
※2:大崎本社とKTCの合計値(2019年度は研究所のKTC移転により増加)
※3:受注工事内容によって変動(2019年度は既存設備の撤去・処分が含まれたため増加)

4. 環境に関する教育活動
  • 2019年度は大成建設㈱から講師をお招きして環境講演会を開催。安全衛生環境委員会メンバーを中心に約50名が参加して先進事例を学びました。

go to TOP