4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

CSR

安全衛生基本方針

日鉄エンジニアリンググループは、「安全」を経営の根幹と認識し、事業活動の全てに優先します。
また、企業が健全に発展するためには、働く人の健康が何より基本であるとの認識のもと、全ての職場において間断ない衛生活動を推進します。

  1. 事業活動のすべての面において、安全衛生関連法令および業務規定、ルールを遵守し、安全衛生管理レベルの維持向上を図り、あらゆる災害の撲滅に努めます。
  2. 事業活動のすべての面において介在するリスクの低減に取り組むとともに、安全を強制でなく自ら推進する会社風土を築き、『安全に強い会社』を目指します。
  3. 事業活動を推進する社員、協力会社従業員等に対して安全衛生に関する教育・啓発活動を推進し、安全知識の拡充と安全感性の向上を図ります。
  4. 快適な職場づくりに努めるとともに、働く人の心と体の健康の維持・増進に向けた環境整備と機会提供を推進します。

活動内容


安全作業に徹しています


安全施工サイクルに従って遂行しています


安全教育・啓発活動を行っています

1. マネジメントシステム

当社は、計画P-実施D-評価C-改善A(PDCAサイクル)という一連の過程を定めて、継続的な安全衛生管理を自主的に進めることにより、労働災害の防止と労働者の健康増進、さらに進んで快適な職場環境を形成し、事業場の安全衛生水準の向上を図ることを目的とした安全衛生管理に取り組んでいます。

建設業の特性を考慮し、下記マネジメントシステムを実施しています。

建設業の特性

  • 事業部と現場が一体となった工事管理
  • 元請業者と専門工事業者の協力による工事施工体制 
  • 有期事業

特性を踏まえたシステムの構築

  • 事業部と現場を一体とした事業場として捉え、マネジメントシステムを構築している。

2. 労働災害の防止

  • 日々の安全指導、職長対話、安全大会など、作業員や職長の安全意識の底上げを図る活動を積極的に行っています。特に、被災しやすい新規入構者・未熟練者への指導を徹底すると共に、重大災害につながるリスクの高い墜落については、重点的に防止対策を行っています。

単独

延実労働時間
(百万時間)
死亡災害
(件)
休業災害
(件)
度数率※1
2016 8.48 0 2 0.24
2017 8.19 0 0 0
2018 8.97 0 1 0.11

連結※2

延実労働時間
(百万時間)
死亡災害
(件)
休業災害
(件)
度数率※1
2016 18.50 0 7 0.38
2017 19.15 0 4 0.21
2018 20.60 0 5 0.24

※1 度数率=(死傷者数<休日1日以上>/延実労働時間数) x1,000,000
※2 国内グループ3社及びTNS(THAI NIPPON STEEL ENGINEERING & CONSTRUCTION CORPORATION. LTD.) を含む

3. 安全文化の醸成

  • 被災しやすい新規入構者および未熟練者に対し、声掛けや指導などの配慮を徹底しています。
  • 労働災害「ゼロ」を目標に、重大災害につながる墜落災害に特に重点をおき災害防止対策を徹底しています。
  • 安全を強制でなく自ら推進することができる組織づくり、仲間を思いやり仲間を災害から守る会社風土づくりに取り組んでいます。
  • 社員と協力会社の作業員、作業員同士のコミュニケーションを活性化して、「自らは不安全行動をしない。仲間の不安全行動を黙認しない」風土を作る活動をしています。

4. 教育・啓発活動

  • 法定の安全教育の他に、施工管理者等に対する安全管理教育を行っています。
  • 「作業員・職長への安全指導、職長対話、安全大会」など、作業員や職長の安全意識の底上げを図る活動を積極的に行っています。

5. ヘルスケアの実施

  • 毎年1回、労働安全衛生法に基づくストレスチェックを全社員対象に実施し、メンタルヘルス不調の未然防止に役立てています。特に、転入者及び入社3年目までの社員については、保健師面談を実施するなど、定期的な働きかけを行っています。
  • 楽しみながら健康増進を図ることを意図して、2017年より、歩数を競う「ウォーキングイベント」を実施しています。

衛生週間に開催した健康セミナーの様子
衛生週間に開催した健康セミナーの様子

go to TOP