MENU

サステナビリティ

サステナビリティ推進体制

当社では、社長以下経営幹部で構成されるサステナビリティ審議会を年4回開催し、経営・事業活動へのサステナビリティ統合を図っています。また、CSR基本方針に基づき、それぞれの主管部門が関係部門・関係会社と連携して活動を推進し、委員会活動等を通じてPDCAを回しています。

※CSR基本方針とは、安全衛生基本方針、品質基本方針、コンプライアンス基本方針、環境基本方針、調達基本方針、人財基本方針、社会貢献基本方針の7つの基本方針から構成される。

内部統制・リスク管理体制

当社は、内部統制・リスク管理体制の整備・運用状況に関する報告・審議およびリスク事例情報共有の場として、「リスクマネジメント委員会」を定期的に開催しています。また、グループ全体のリスク管理体制を整備するため、各グループ会社にリスクマネジメント責任者を置き、情報の共有化や施策の充実を図っています。

危機管理体制として、当社および当社グループ会社の経営に重大な影響を与える不測の事態が発生した場合に、社長を本部長とする「危機管理本部」を直ちに招集し、必要な初期対応を迅速に行い、損害・影響等を最小限に止める体制を整えています。

こうした内部統制・リスク管理体制の整備・運用上の課題を抽出し改善を図るため、内部監査を行うリスクマネジメント部を設置しています。

また、法令違反、不正等に関する内部通報制度として、社内窓「コーポレートリスク相談デスク」、社外窓口として顧問法律事務所の「コンプライアンス・ホットライン」および民間サービス窓口「企業倫理ホットライン」を設置し、積極的な活用を社員、家族およびお取引先の皆様に呼び掛けています。

各現場・事務所に対する環境監査を定期的に実施し、環境法令順守状況の確認・是非を行っています。

go to TOP