4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

CSR

CSR報告書2015(2014/4~2015/3)

CSR報告書2015のポイント

  • トップメッセージ
    当社グループの経営と社会の持続可能性(サステナビリティ)との関わりを示しています。
  • 新日鉄住金エンジニアリンググループのCSR
    当社グループにおけるCSRの考え方と重点テーマを示しています。
  • TOPICS
    CSRの重要テーマに関する活動を紹介しています。
  • CSR基本方針とその取り組み
    CSR基本方針ごとに関連性が高い重要な課題項目にフォーカスし、詳細な取り組みやデータを開示しています。
表紙【PDF 740KB】
トップメッセージ【PDF 314KB】
新日鉄住金エンジニアリンググループのCSR【PDF 874KB】
TOPICS
サトウキビ残渣等からエタノール燃料を。フィリピンでの新たな挑戦【PDF 1.33MB】
お取引先と共に取り組む責任ある事業遂行【PDF 1.34MB】
現地スタッフの資質を活かし、共に成長していくための模索【PDF 1.26MB】
CSR基本方針とその取り組み
安全衛生/品質/コンプライアンス/環境/調達/人財/社会貢献【PDF 651KB】
6つの事業領域【PDF 820KB】
会社概要【PDF 820KB】
裏表紙【PDF 740KB】
全ページダウンロード【PDF 3.94MB】

PDFにてダウンロードしてご覧いただけます

Get ADOBE READER※PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

エンドースメント

経済人コー円卓会議日本委員会 専務理事 事務局長 石田 寛
経済人コー円卓会議日本委員会
専務理事 事務局長
石田 寛

経済人コー円卓会議日本委員会は、新日鉄住金エンジニアリング株式会社が、「サステナブル・ナビゲーション」のフレームワークを理解した上で、ニッポンCSRコンソーシアムのステークホルダー・エンゲージメント・プログラム(人権デュー・ディリジェンス・ワークショップ) に参加し、「業界毎に重要な人権課題 v. 2」に基づき人権課題とグローバルリスクとの関連性について同業他社やNGO等と議論を行い、ビジネスと人権との関連性および人権侵害の発生する文脈についての理解を深めたことを確認しました。(Step A, B)今後は、優先的に取り組むべき課題を特定した上で、取組み方針を策定し、具体的な活動の実施へとつなげていかれることを期待します。

サステナブル・ナビゲーション

サステナブル・ナビゲーションとは、グローバルスタンダードに適合した形でCSR活動を実践するために必要となる取り組みについて、経済人コー円卓会議日本委員会がまとめたものです。サステナブル・ナビゲーションを使うことで、何がどこまでできているか、また、これから何をすればよいかを確認し、継続的に活動を進化させながら、効果的なCSR活動を行えるようになっています。
※「サステナブル・ナビゲーション」の詳細については、CRT日本委員会のホームページ をご覧ください。

ステップ図

ステップ図

CSR報告書一覧

go to TOP