用途紹介

物流施設

大型物流施設210万m2超の施工実績で培った技術・ノウハウを活用し、高度化するお客様ニーズに対応した高機能で地震に強い先進的な物流施設を提供します。

Use

三井不動産ロジスティクスパーク茨木

物件概要

建設場所:大阪府茨木市
建物用途:倉庫・物流施設
竣工年月:2017年9月
設計  :日鉄エンジニアリング(株)
構造形式:S造
階数  :地上6階
建築面積:約41,300m2
延床面積:約241,900m2

概要

本プロジェクトは、「ともに、つなぐ。ともに、うみだす。」という三井不動産様の事業コンセプトをふまえ、数多くの先進設備を導入し、時代のスタンダードを目指した、日本最大級の規模を誇るマルチテナント型物流施設(各階自走式ダブルランプウェイ方式)です。建設場所は名神高速道路「茨木 IC」から至近の距離にあり、関西圏全域や日本全国への配送拠点として高いポテンシャルを有しています。

可変性の実現

可変性のある建築・構造・設備計画として、当社独自の「グリッド設計」(柱スパンの最適化設計)を採用し、日々進化する物流システムへの対応と、物流リードタイムの短縮を実現しました。また、当社免震装置(球面すべり支承「NS-SSB」)による免震構造とし、積載荷重の変動に左右されず安定した免震性能を発揮し荷主様の商品を安全に保管しつつ、大規模地震後の物流機能の早期復旧を可能としています。

高いデザイン性

先進物流施設として、高いデザイン性を兼ね備えた施設とすべく、お客様と徹底的に検討・検証を繰り返して、仕様を確定させました。具体的には、労働環境向上と雇用安定の観点から、1階エントランスには全長20mを超える滝で構成される水景施設を設置し、癒しの空間を提供しています。また、憩いの空間として、1階にコンビニエンスストアを併設したカフェテリアを設置しました。

スカイラウンジ

6階には本格厨房と展望エリアを併設したスカイラウンジ(約230席)を、屋上にはウッドデッキ、屋上緑化、パーゴラ等で構成されるスカイデッキを設置しています。スカイラウンジとスカイデッキからは、大阪平野を一望できる眺望も魅力です。

免震性の確保

当社が開発した振り子の原理と鉄の技術を利用した免震支承「NS-SSB®」を409台採用し、積載荷重が変化しても免震性能に影響を受けない特長を活かし、荷主様の大切な商品を守ります。

フォトギャラリー

Latest Works 物流施設実績一覧

Page Top