4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

MENU

お知らせ

2019年1月31日
新日鉄住金エンジニアリング株式会社

【受注】ドイツにおける廃棄物発電施設増設工事

新日鉄住金エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:藤原 真一、本社:東京都品川区、以下「当社」)は、ドイツ廃棄物発電プラント子会社であるSteinmüller Babcock Environment GmbH(社長:石倭 行人、以下「SBENG社」)を通じて、ドイツ・プレムニッツ市におけるストーカ炉式廃棄物発電施設の増設工事を受注いたしました。

 

今回受注した案件は、ドイツの大手廃棄物発電処理事業者である EEW Energy from Waste GmbH(以下「EEW社」)が、処理対象ごみの増加や電気および熱の供給先拡大を背景とし、運営中のプレムニッツ廃棄物発電施設の増設を行うものです。客先であるEEW社への過去の納入実績、その後の設備改善などに関わるアフターサービス、ならびに今回提案における技術的な信頼性が高く評価され、受注にいたりました。

 

なお、EEW社からの受注実績としては、完成間近のオランダ・デルフザイルの廃棄物発電施設に続き、5件目となります。

 

当社は、今後ともSBENG社を含めた新日鉄住金エンジニアリンググループの総力を挙げ、欧州、日本、アジア地域において、環境性能・高効率エネルギー回収技術に優れた廃棄物発電システムを提供し、安全・安心な循環型社会の実現に貢献してまいります。

【案件概要】
発注者 EEW Energy from Waste Premnitz GmbH(イーイーダブリュー・エナジー・フロム・ウェイスト・プレムニッツ)
施設規模定格処理量 440トン/日×1炉
建設場所 ドイツ連邦共和国 ブランデンブルク州 プレムニッツ市
竣工時期 2021年
契約範囲 ストーカ炉式廃棄物発電施設の内、ストーカ炉及びボイラの設計、調達、据付及び試運転
【既設プレムニッツ廃棄物発電施設】© EEW Energy from Waste Premnitz GmbH.jpg         

【既設プレムニッツ廃棄物発電施設】© EEW Energy from Waste Premnitz GmbH

<SBENG社URL>
http://www.steinmueller-babcock.com/

[プレスリリース(報道)に関するお問い合わせ先]
CSR・広報部 広報室 03-6665-2366

一覧に戻る

go to TOP