4月1日より、新日鉄住金エンジニアリングから社名変更しました

環境への配慮

環境に配慮した「スタンパッケージR」のCO2削減効果

部材生産の効率化、現場施工の省力化などにより、これまでのスタンパッケージにおいても在来工法に比べCO2発生量の抑制効果はありましたが、
さらに、SPウェーブフレームにより鋼材重量を約30%削減。建築物全体で、在来工法比約20%のCO2削減効果(※) が確認されました。

※延床約4,000m2のモデル建築物にて弊社が計算し、みずほ情報総研(株)が確認。

スタンパッケージR仕様の建築物のCO2発生量 在来工法比較

ライフサイクル評価の算定結果

(1) 投入物別

ライフサイクル評価の算定結果

(2) 工程別(非共通工程のみ)