性能確認試験

実大試験体による実験で製品性能とその限界を確認

数多くの実験により製品性能、性能限界及び各種依存性が明らかになっています。

製品性能・性能限界のご確認

(1)実大製品の動摩擦係数μ-水平位置歴

製品サイズの実大試験体による実験で、各種性能を確認しています。
コンケイブプレートの曲率半径、スライダーの直径ごとに動摩擦係数μ-水平変位履歴を得ています。

(2)限界圧縮性能確認実験

(3)限界変形性能確認実験

各種依存性

温度依存性(X)

中摩擦タイプ(MNタイプ)

低摩擦タイプ(LNタイプ)

面圧依存性(Y)

中摩擦タイプ(MNタイプ)

低摩擦タイプ(LNタイプ)

速度依存性(Z)( 履歴モデル用)

中摩擦タイプ(MNタイプ)

低摩擦タイプ(LNタイプ)

製品についてのご相談はこちらから

免制震デバイスのトピックス

2020.09.03免制震デバイス
鉄の免震装置「NS-SSB」(球面すべり支承)が、日本食研ホールディングス株式会社の「シェーンブルン宮殿工場」に採用されました。
2020.02.06免制震デバイス
球面すべり支承「NS-SSB」が建築基準法に基づく国土交通大臣の「3時間耐火認定」を取得いたしました。「中間層免震」や「柱頭免震」への対応が可能となり、適用範囲が拡がりました。

詳しくはこちら

PAGE TOP