性能確認試験

実大試験体による実験で製品性能とその限界を確認

数多くの実験により製品性能、性能限界及び各種依存性が明らかになっています。

製品性能・性能限界のご確認

(1)実大製品の動摩擦係数μ-水平位置歴

製品サイズの実大試験体による実験で、各種性能を確認しています。
コンケイブプレートの曲率半径、スライダーの直径ごとに動摩擦係数μ-水平変位履歴を得ています。

(2)限界圧縮性能確認実験

(3)限界変形性能確認実験

各種依存性

温度依存性(X)

中摩擦タイプ(MNタイプ)

低摩擦タイプ(LNタイプ)

面圧依存性(Y)

中摩擦タイプ(MNタイプ)

低摩擦タイプ(LNタイプ)

速度依存性(Z)( 履歴モデル用)

中摩擦タイプ(MNタイプ)

低摩擦タイプ(LNタイプ)

製品についてのご相談はこちらから

免制震デバイスのトピックス

2021.04.01免制震デバイス
『自治体通信(第29号/2021年4月1日)』本誌に、NS-SSBに関する特集記事『庁舎の地震対策/被災後「直ちに」機能するために最重要課題は「免震構造の選定」』が掲載されました。オンライン記事はこちら。
2021.03.31免制震デバイス
免震材料の品質に関する基準改正(改正告示:平成12年建設省告示第1446号)対応に伴い、「免震NSUダンパー(別置型)」が、新しい大臣認定を取得しました。積層ゴム一体型の改正告示対応方針についてもご覧ください。

詳しくはこちら

PAGE TOP