施工方法

施工手順(独立柱)

補強メカニズム

耐震SDJパネルは、補強パネルと接続パネルで構成され、補強パネルの凸状突起部を接続パネルの開口部にはめ込むことで相互に接合し、接合ボルトで固定した後、間隙にモルタルを注入して一体化する補強工法である。

構成

組立

モルタル注入

補強完了

施工フロー(独立柱)

準備工事

鋼製パネル組立

モルタル注入

仕上げ工事

・柱上部天端処理
・鋼製パネル表面清掃

補強完了

製品についてのご相談はこちらから

免制震デバイスのトピックス

2019.03.28免制震デバイス
『鉄構技術』(2019年3月28日)に、免制震デバイス分野の「アンボンドブレース」の広告を掲載しました。
2019.01.10免制震デバイス
『鉄構技術』(2018年11月28日)に、「耐震部材アンボンドブレースが採用された大型物流施設(仮称)アイ ミッションズ パーク市川塩浜の着工」が掲載されました。

詳しくはこちら

耐震SDJパネル®の用語解説

PAGE TOP