施工方法

接合部は鉄骨同士となるため、建方は鉄骨造とほぼ同様に行えます。
接合部には意匠性目的の木カバー施工が可能です。

(1) 部材の搬入

(2) 部材上架

(3) トラス端部本締め

(4) 本化粧材取り付け

(5) ジャッキダウン

(6) 根太取り付け

製品についてのご相談はこちらから

空間構造のトピックス

2019.02.28空間構造
『鉄構技術』(2019年2月28日)に、建築鉄構分野の「木・鋼ハイブリッド構造」の広告を掲載しました。
2011.09.22空間構造
国内初「建築構造用鍛鋼品 NSEF450」の商品化

詳しくはこちら

木・鋼ハイブリッド構造™の用語解説

木・鋼ハイブリッド構造™のよくある質問

よくある質問一覧

PAGE TOP