私たち日鉄エンジニアリンググループは、持続可能な循環型社会の構築に向けて、長年にわたり多様な事業で培った技術・ノウハウを活かして、最適なソリューションを生み出し提供いたします。その実現のために、以下の基本方針を掲げ、社会やステークホルダーの皆さまから信頼される会社であり続けます。

品質基本方針

I. 日鉄エンジニアリンググループは、お客様に信頼されご満足いただける商品・サービスを提供するため、高い水準の品質確保と技術革新に取り組みます。

  1. ISO9001に則った品質マネジメントシステムに基づく商品・サービスの提供プロセスを確実に実行し、そのシステムを維持・改善します。
  2. 商品・サービスの提供にあたっては、契約内容や法令・基準等に従い、顧客の要求事項を誠実に実現します。
  3. 継続的な教育を通じ、社員一人ひとりの品質意識向上に取り組みます。各部門のベストプラクティスや課題を共有することにより、組織全体の品質マネジメントレベルの向上に繋げます。

II. 当社グループは、上記の方針の下、以下の通り取り組みます。

当社の技術統括部(品質保証室)が、当社及びグループ会社における品質マネジメント活動を推進する機能を担います。
当社及びグループ各社に、「品質マネジメント基本規程」等の必要な社内規定を整備します。
当社に、全社委員会として「品質委員会」を設置し、当社及びグループ会社の各部門のベストプラクティスや課題を共有するとともに、グループ全体の品質マネジメントに関するPDCAを推進します。また、その状況を経営層と共有し、経営層の指示に基づく改善活動を継続します。

安全衛生基本方針

日鉄エンジニアリンググループは、「安全」を経営の根幹と認識し、事業活動の全てにおいて、何よりも「安全」を 優先 し ます 。 また、働く人の健康が何より基本であると いう健康経営 の 考え方 のもと、全ての職場において間断ない衛生活動を推進します。

  1. 安全衛生関連法令および業務規定、ルールを遵守し、安全衛生管理レベルの維持向上を図り、あらゆる災害の撲滅に努めます。
  2. 安全に関する リスクの低減に取り組むとともに、 安全を強制でなく自ら推進する 文化を醸成し 、『安全に強い会社』を目指します。
  3. 社員、協力会社従業員等に対して安全衛生に関する教育・啓発活動を推進し、安全知識の拡充と安全感性の向上を図ります。
  4. 快適な職場づくりに努めるとともに、働く人の心と体の健康の維持・増進に向けた 環境整備と機会提供 を推進します 。

コンプライアンス基本方針

コンプライアンス基本方針

日鉄エンジニアリンググループは、コンプライアンスの実践・徹底が、経営の根幹であるとの認識のもと、あらゆる場面において、不正を防止し、公正で透明性の高い事業活動を推進します。

  1. 事業活動の全ての面において、国内外の法令・社会規範を遵守するとともに、高い倫理観に基づき、誠実に判断し行動します。
  2. 全てのステークホルダーの期待・要請に応え社会的責任を全うすることにより、社会から信頼される企業を目指します。
  3. 教育・啓発活動を継続し、内部統制体制・環境を整備することにより、全社員のコンプライアンス意識の向上と健全な企業風土の確立・維持に努めます。

役員・社員行動規範

日鉄エンジニアリンググループの全役員・社員は、コンプライアンス基本方針を実現するため、特に以下の10の事項を遵守します。

  1. 人権の尊重
    人権を尊重し、差別やハラスメントを行わない。

  2. 透明で自由な競争と公正な取引の実践
    営業活動において、独占禁止法および関連法令が禁ずる私的独占、不当な取引制限および不公正な取引方法は一切行わない。

  3. 建設工事の適正な施工
    建設業法を遵守した契約、調達、技術者の配置、必要書類の整備等を行うことにより、建設工事の適正な施工を確保する。

  4. 安全保障貿易管理の徹底
    国際的な平和および安全の維持のため、安全保障貿易管理に関する法令・社内規程を遵守し、不正な輸出を行わない。

  5. 情報管理の徹底・知的財産権侵害の禁止
    会社の秘密情報は厳重に管理し、社外情報・第三者の知的財産権等の権利は適切に取り扱う。

  6. 贈賄・過剰接待の禁止
    贈賄(不正な目的をもった金銭その他の利益の供与・申し出・約束)をしない。接待・贈答等は、法令・社内規程に則して行い、社会通念上妥当な範囲を超えてこれを行わない。

  7. 株式等の不正取引の禁止
    インサイダー情報は公開されるまで秘密に保持し、インサイダー取引規制に違反する行為を行わない。

  8. 反社会的勢力との関係遮断
    反社会的勢力とは一切関係を持たず、毅然として対応し、利益供与等を行わない。

  9. 適正な会計処理・税務申告
    関連法令を遵守し、粉飾決算、仮装隠蔽は行わず、適正な経理処理・税務申告を行う。

  10. 会社の利益に反する行為の禁止
    誠実に会社の業務を遂行し、公私のけじめをつけ、会社の利益に反する行為はしない。

環境基本方針

日鉄エンジニアリンググループは、地球 環境保全と事業活動の両立を、社会から信頼される先進的なエンジニアリング企業の経営の根幹であると認識し、以下の方針に従って行動することで、 地球 環境に配慮した持続可能な社会の形成に貢献します。

  1. 事業活動のすべての面において、環境関連の法律、条令、協定等を遵守し、環境管理レベルの維持向上に努めます。
  2. 事業活動のすべての面において、 温室効果ガスの排出削減、 環境汚染の防止、廃棄物の発生抑制、省資源・リサイクルの推進、生物多様性への配慮などを通じて地球環境の保全に貢献します。
  3. 脱炭素 ・循環型社会の構築に資する技術・商品の開発・社会実装に責任感とスピード感を持って取り組みます。
  4. 地球 環境に関する教育 ・ 啓発活動を推進し 、 地球 環境保全への意識と知識の向上を図ります 。

調達基本方針

日鉄エンジニアリンググループは、お取引先との協働・連携を基礎として、以下の行動指針をお取引先及び全てのサプライチェーンの皆様と共有し、社会的責任を果たしながら調達活動を実施します 。

  1. 法令・社会規範の遵守
    建設業法・下請法・独占禁止法など、事業を遂行する上で関連する全ての法令および社会規範を遵守します。
  2. 公平・公正・誠実な取引
    社会情勢や社会的要請に留意し、環境保全・環境負荷低減を配慮した調達活動を推進します。
  3. 環境への配慮
    社会情勢や社会的要請に留意し、環境保全・環境負荷低減を配慮した調達活動を推進します。
  4. 品質の維持・向上
    お客様のニーズ実現に向け、お取引先とともに商品・サービスの品質の維持・向上に努めます。
  5. パートナーシップの構築
    お取引先との長期的な信頼関係に基づき、良好なパートナーシップの構築に努めます。

人権基本方針

  1. 人権の尊重へのコミットメント
    日鉄エンジニアリンググループは、「国際人権章典」、国際労働機関(ILO)の「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」等に定められた人権を尊重し、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を支持・尊重します。
    また、日鉄エンジニアリンググループは、あらゆる人権の尊重が企業活動の基本であるとの認識のもと、「日本製鉄グループ企業行動規範」に則り、人権尊重に最大限配慮しつつ、高い倫理観をもって事業活動を展開します。
  2. 適用範囲
    本方針は、日鉄エンジニアリンググループのすべての役員および従業員に適用します。また、サプライヤーを含むすべてのステークホルダーの皆様にも本方針を理解し、支持していただけるよう努めます。
  3. 適用法令の遵守
    日鉄エンジニアリンググループは、事業活動を行う国や地域における法令を遵守します。人権が法令上適切に保護されていない国や地域においては、国際的な基準に則した人権を最大限尊重します。
  4. 人権デューディリジェンス
    日鉄エンジニアリンググループは、人権に対する負の影響の特定、防止または軽減等を図るための人権デューディリジェンスの仕組みを構築し、継続的な実施と改善に取り組みます。
  5. 是正・救済措置
    日鉄エンジニアリンググループは、自らの事業活動において人権に対する負の影響を引き起こしたこと、または負の影響を助長したことが明らかになった場合は、その是正や救済に向けて適切に対処するよう努めます。
  6. 教育
    日鉄エンジニアリンググループは、役員および従業員に対して人権尊重に関する適切な教育を継続的に行うよう努めます。
  7. ステークホルダーとの対話や協議
    日鉄エンジニアリンググループは、自らの事業活動における人権に対する取組みについて、社内外のステークホルダーとの対話や協議に努めます。
  8. 情報公開
    日鉄エンジニアリンググループは、ホームページ等を通じて、人権尊重の取組みやその進捗状況に関する情報を適切に開示します。
  9. 推進体制
    日鉄エンジニアリンググループは、本方針の遵守状況について、定期的に日鉄エンジニアリング(株)のサステナビリティ審議会に報告します。

人財基本方針

日鉄エンジニアリンググループは、人財こそが当社における最重要の経営資源であるという認識のもと、 会社と個人がともに革新・成長を実感できるような最高の人財育成を行います。また、労働・人権に関する社会的な責任を果たすとともに、社員が責任感と情熱をもって働き続けることができる集団となることを目指します。

  1. 社員が、その能力や活力を最大限発揮できるような実力本位の人財マネジメントを推進します。
  2. 「 マーケット・ お客様目線」、「社内外の連携」、「変革」を重視し、 一人ひとりが志を磨き、生産性向上と業務の革新に継続的に取り組める 人財を育成します。
  3. 社員が一流のプロとなるべく自ら責任を持って主体的に能力開発・キャリア開発を行う取り組みを支援し、継続的な成長を成し遂げるための環境・機会を提供します 。
  4. 社員全員がダイバーシティを尊重し、多様な背景を持つ社員が活き活きと働き甲斐を持って働き続けることができ、また、協働によって最高の成果を発揮することができるよう、雇用・労働条件、職場環境の改善に努めます。
  5. 基本的人権を尊重し、人種・信条・性別・年齢・国籍・宗教・思想・障がいなどの理由に基づく差別を排します。また、わが国及び関係各国における労働・人権に関する法令・社会的規範を順守し、教育・啓発活動を推進します。

社会貢献基本方針

日鉄エンジニアリンググループは、保有する経営資源を有効に活用し、以下の4つの重点分野で社外団体とも連携し、事業活動にとどまらない社会貢献活動を推進します。 また、社員の自発的な社会貢献活動は、世の中の多様な方々との交流を通した社員の成長する機会と捉え、それを積極的に支援・促進します。

  1. 次世代育成
    次世代を担う青少年たちに、エンジニアリング の醍醐味・面白さを伝える活動を推進します。
  2. コミュニティー発展
    国内外の事業所及びプロジェクト実行現場において、それぞれのコミュニティーが抱える社会課題を認識し、コミュニティーの発展につながる活動を推進します。
  3. 地球環境保全
    産業・社会インフラを建設する会社として、地球環境保全は社員が意識すべき重要な課題と位置付け、 環境問題の解決につながる活動を推進します。
  4. 災害復興支援
    国内外で発生する大規模災害に際して、保有する経営資源を活用して、被災地のニーズに合った社会貢献活動を推進します。