概要

上弦、下弦、扁平加工斜材、ノードブロック(熱押形鋼)から構成される「廉価型1方向立体パイプトラス」。下弦材に横繋材が無いので「ゆとり空間」を確保できます。

Wトラスシステムとは

日鉄エンジニアリングがご提供するWトラスは、ユニークな発想の接合部からなる、スマートで低コストな鋼管トラスシステムです。従来のポールジョイントトラスに、一方向トラスとしての性格を持たせることで、下記の広範なメリットを生み出しました。

4つの導入メリット

メリット1優れた意匠性

途切れない弦材、ダイヤフラムによる補強のないすっきりとした接合部が、意匠性にすぐれた空間を実現します。

メリット2安定した品質

当社:光製鐵所の熱押型鋼を接合部に採用、安定した品質を実現します。

メリット3経済性の追求

部品点数の大幅な削減、そして熟練工を必要としない接合方法(高力ボルト摩擦接合)により、建設コストの低減に寄与します。

メリット4環境への配慮

鋼管に最小限の切断・溶接・プレス加工を施して生産されるため、部品製作に要する工数・エネルギー消費量はわずかです。さらに分解・運搬・再組立が容易で、移設を視野に入れた仮設建築物にも最適。リサイクル/リユース可能なエコロジーシステムです。

製品についてのご相談はこちらから

空間構造のトピックス

2019.02.28空間構造
『鉄構技術』(2019年2月28日)に、建築鉄構分野の「木・鋼ハイブリッド構造」の広告を掲載しました。
2011.09.22空間構造
国内初「建築構造用鍛鋼品 NSEF450」の商品化

詳しくはこちら

Wトラスシステムの用語解説

Wトラスシステムのよくある質問

よくある質問一覧

PAGE TOP