概要

鉄という素材を熟知する当社だからこそ実現できた「鉄の免震装置」。振り子の原理を利用し、地震時にはスライダーが上下の曲面状のすべり板の間で振り子のように移動し、地震エネルギーを吸収しつつ建物を元の位置に戻します。 本装置だけで免震層に必要な絶縁・支承・減衰・復元の全ての機能を有し、NS-SSBのみで免震効果を発揮します。

構成・特長

<ラインナップ>
固有周期:4.5秒、6.0秒
摩擦係数:中摩擦タイプ(0.043)、低摩擦タイプ(0.013)
スライダー直径:150mm~600mm(約100t~約1,700t)
限界変形量:450mm~950mm
固有周期×摩擦係数×限界変形量を組み合わせ、最適な装置選定ができます

導入メリット

メリット1建物の重量に関係なく、安定した免震効果を発揮

  • 一般的に免震化しにくいとされてきた低層、軽量な建物にも免震効果を発揮
  • 建物の重量変化にも対応(建物内部の収容物、積雪による重量変動等)

メリット2トータル建設コストの削減

  • 装置がコンパクトで、免震層の築造時に生じる掘削コストを削減

メリット3性能のばらつきはごくわずか

  • 主要構成部材が鉄であることで、経年劣化しにくく耐久性に優れる
  • 高精度な機械加工により、品質のばらつきはごくわずか

メリット4免震層の空間を有効活用

  • NS-SSBを柱直下に設置するだけで免震化が可能なので、免震層の配管・配線の制限が少ない

メリット5設計が容易

  • NS-SSBは支持荷重、変位量に応じて装置サイズを選ぶだけ。水平性能と鉛直性能を分離して設定が可能なため、装置選定が容易
  • 告示免震ルートでの設計にも対応

NS-SSB®のカタログ

NS-SSBの紹介映像(約9分)

製品についてのご相談はこちらから

免制震デバイスのトピックス

2021.04.01免制震デバイス
『自治体通信(第29号/2021年4月1日)』本誌に、NS-SSBに関する特集記事『庁舎の地震対策/被災後「直ちに」機能するために最重要課題は「免震構造の選定」』が掲載されました。オンライン記事はこちら。
2021.03.31免制震デバイス
免震材料の品質に関する基準改正(改正告示:平成12年建設省告示第1446号)対応に伴い、「免震NSUダンパー(別置型)」が、新しい大臣認定を取得しました。積層ゴム一体型の改正告示対応方針についてもご覧ください。

詳しくはこちら

PAGE TOP