免制震デバイス

高性能な耐震・制振・免震構造部材が地震国ニッポンの建物と人命を守ります。

免制震デバイスとは?

一般的な耐震構造の建築物の場合、地震エネルギーを建物の強さやねばり強さで耐えるため建物に被害が発生し、地震後の継続使用が難しくなります。当社の免制震デバイスは、地震の揺れを吸収し、柱、梁といった主要構造を損傷させないため、建物の被害が少なく、継続使用が可能になります。

耐震・制振・免震構造の比較

耐震

主な特長

地震エネルギーを建物の柱、梁といった主要構造の強度やねばり強さで耐える構造で、一般的に広く使われています。大地震では、人命の確保は可能だが、建物に被害が生じる可能性が高く、修復・継続使用が難しくなります。

地震時応答 横揺れ
品質 震度7での挙動(主要構造部)
(収納品、非構造部材)
コスト 構造躯体コスト
維持管理点検、ランニングコスト
その他 工期
建物周りのクリアランス

【耐震】免制震デバイス商品

アンボンドブレース
変形性能に優れたブレース部材
NS Steel Panel
耐震SDJパネル
既設RC・SRC柱の耐震補強工法

制振

主な特長

地震エネルギーを吸収する「制振部材」を建物に組み込むことで、地震発生時の揺れを軽減。柱や梁といった主要構造部材を損傷させないため、建物の被害が少なく、継続使用が可能になります。

地震時応答 横揺れ
品質 震度7での挙動(主要構造部)
(収納品、非構造部材)
コスト 構造躯体コスト ◎~○
維持管理点検、ランニングコスト
その他 工期
建物周りのクリアランス

【制振】免制震デバイス商品

アンボンドブレース
変形性能に優れたブレース部材
NS Steel Panel
VEMDP®

免震

主な特長

基礎と建物の間に「免震装置」を設置することで、地震エネルギーの伝わりを遮断する構造です。大地震でも建物の被害がほとんどなく、家具の転倒も少なくてすみます。

地震時
応答
横揺れ
品質 震度7での挙動 (主要構造部)
(収納品、非構造部材)
コスト 構造躯体コスト ×~△
維持管理点検、ランニングコスト
その他 工期 ×
建物周りのクリアランス ×

【免震】免制震デバイス商品

免震NSUダンパー(別置型)
積層ゴム支承+エネルギー吸収機構
免震NSUダンパー(積層ゴム一体型)
積層ゴム支承+エネルギー吸収機構
NS-SSB
支承+エネルギー吸収機構

免制震デバイス製品のご紹介

免震デバイス

NS-SSB®

振り子の原理と鉄の技術で、大切な命と建物を守る構造設計者の高度化するニーズに応える球面すべり支承。

詳しくはこちら

免震NSUダンパー®

免震NSUダンパーは、品質の高い圧延鋼材(SN490B材)を加工した新しい鋼製ダンパーで、高品質、高い設計自由度、無方向性、低コスト、点検が容易といった優れた特徴をもっています。

詳しくはこちら

耐震・制振デバイス

アンボンドブレース®

アンボンドブレースは、芯となる中心鋼材を鋼管とコンクリートで拘束し、座屈させずに安定的に塑性化するようにしたブレースです。中心鋼材とコンクリートの間には特殊な緩衝材(アンボンド材)を用い、鋼管とコンクリートには軸力が加わらないようになっています。この組み合せにより、引張・圧縮ともに同性状の安定した履歴特性をもつ、制振ダンパー・耐震部材として利用できます。

詳しくはこちら

NS Steel Panel™

パネルを角形鋼管によって補剛し、全体座屈を防ぎ、地震時はパネルの全体降伏により、安定した性能を発揮します。制振タイプと耐震タイプとして利用できます。
本製品を使った耐震補強工法は「NSビルプラスG」です。

詳しくはこちら

VEMDP®

粘弾性制振ダンパーは強風や小地震からの制振に最適です。ダンパーに軸力あるいは水平力が作用すると粘弾性体がせん断変形し、振動エネルギーを効果的に吸収する構造になっています。

詳しくはこちら

耐震補強

耐震補強向けアンボンドブレース®

ワンランク上の耐震性とデザイン性、従来工法に対応した柔軟性を兼ね備え、あらゆるシーンで活躍します。

詳しくはこちら

NSビルプラス®G

居ながら、住みながら。マンションなど、バルコニーのある建物に最適な制振・耐震補強工法です。

詳しくはこちら

耐震SDJパネル®

補強パネルと接続パネルの凹凸がかみ合うことにより接合され、隙間にモルタルを充填することで柱と一体化されます。

詳しくはこちら

製品についてのご相談はこちらから

免制震デバイスのトピックス

2021.04.01免制震デバイス
『自治体通信(第29号/2021年4月1日)』本誌に、NS-SSBに関する特集記事『庁舎の地震対策/被災後「直ちに」機能するために最重要課題は「免震構造の選定」』が掲載されました。オンライン記事はこちら。
2021.03.31免制震デバイス
免震材料の品質に関する基準改正(改正告示:平成12年建設省告示第1446号)対応に伴い、「免震NSUダンパー(別置型)」が、新しい大臣認定を取得しました。積層ゴム一体型の改正告示対応方針についてもご覧ください。

詳しくはこちら

免制震デバイスのよくある質問

よくある質問一覧

PAGE TOP