他工法との比較

従来工法との比較(独立柱)

鋼板巻立て工法 炭素繊維巻き工法 耐震SDJパネル
鋼材板厚 6.0mm,9.0mm,12.0mm 3.2mm,4.5mm
鋼材重量 100~200kg/枚 3~25kg/枚(4分割パネルの場合)
施工機械 揚重機を要する 人力作業 人力作業
騒音 溶接、重機の騒音 はつり作業の騒音 組立作業のみ
接合 現場溶接 エポキシ樹脂接着 はさみ込み、ボルト止め(無溶接・無接着)
防食 現場塗装 現場塗装およびモルタル仕上げ 高耐食性めっき鋼板(無塗装)

※鋼材板厚は、標準的なせん断スパン比の場合

工期比較(補強工法ごとの一ヶ所当たりの作業日数)

※事前工事には取り合い部内塗装の撤去工事を含む。
仕上げ工事には取り合い部天井、床の復旧工事を含む。
なお、仕上げは一般的なボード下地のクロス貼り程度とする。

鋼板の耐久性比較

製品についてのご相談はこちらから

免制震デバイスのトピックス

2019.03.28免制震デバイス
『鉄構技術』(2019年3月28日)に、免制震デバイス分野の「アンボンドブレース」の広告を掲載しました。
2019.01.10免制震デバイス
『鉄構技術』(2018年11月28日)に、「耐震部材アンボンドブレースが採用された大型物流施設(仮称)アイ ミッションズ パーク市川塩浜の着工」が掲載されました。

詳しくはこちら

耐震SDJパネル®の用語解説

PAGE TOP